メンズエステ心理/脳科学

メンズエステって時間が限られてるから勇気を出して重たい会話をしても良い。

どうも、モリオです。

 

昨日、アプリで知り合った女の子と飲みに行きまして...

2時間くらい飲んでホテルへ行ってきました(*´ω`*)

 

清楚系の女の子だったんですけど、まじでエロかったですd( ̄  ̄)

 

私の勝手なイメージなんですけど、清楚系で売ってる女の子ほどセックスになると豹変しますよね♪

ギャルとかエロそうな女の子ほど実は単調なセックスしがちっていうね( ̄▽ ̄)

 

 

でもこれって脳が勝手に「清楚」「ギャル」「エロそう」みたいなイメージを作っているんですよ。

そしてそのイメージを持ったまま目の前の現実を判断する。

 

つまり、振り幅が大きければ大きいほど脳ってインパクトを覚えて記憶に残るってわけです。

 

わかりにくいですよね?ww

私も読み直してわかりにくいなって思いました( ̄▽ ̄;)ww

 

よし。わかりやすく説明しよう。

「清楚」=「エロくない」

というイメージが勝手に脳内で作られる。

なのに現実、目の前にあるのは

「清楚」=「エロい」

という光景(自分の考えが覆る衝撃)

ゆえに「清楚って実はめっちゃエロい」って記憶が形成される。

 

要は人間っていかにインパクトを残すかってことがめちゃ重要なんですよ。

これは恋愛でも一緒

 

これは「認知的不協和」という心理現象で、脳は事実をベースに記憶や感情を作ります。

 

好きだからドキドキしている

ではなく

ドキドキしているから好きなんだ

 

こんな感じで認知は形成されます。

 

メンズエステってめちゃくちゃ短い時間じゃないですか?

その短い時間をただ、セラピストに気を遣いながら当たり障りのない存在として終わらせる。

 

これはあまりにももったいないです...( ̄▽ ̄;)

 

メンズエステでエロいサービスをしてもらいたいなら...

セラピストの脳にインパクトを残すこと

 

 

で、

じゃあどうやってインパクトを残せばいいのか?

 

って話なんですが、今回はめっちゃ勇気がいるけどシンプルで簡単な方法をお伝えします。

 

それは

重たい自己開示をしてセラピストにも重たい話をふる

 

例えば

モリオ
モリオ
昔、高校生の時にお母さんの財布から2,000円盗んで友達と遊びに行った事あるんよね。

〇〇ちゃんも昔、やってしまったダメな事ってあったりする?

 

みたいな感じ。

これは端的に言うと「私は昔、窃盗をしました」って告白してるんですよ。

 

相手がお母さんだから犯罪者になっていないだけでちゃんと罪を犯している。

※これは作り話です。私はそんな事してませんよw

 

嘘か本当か、

それは今回、一旦横に置いておいて...

 

こういうちょっと重めのカミングアウトをすることに意味があります。

重めの自己開示をした上で、セラピストにも同じ質問を投げかけます。

 

そうすると親に迷惑をかけた話など意外と出てきます。

 

ちなみに自己開示とは自分の事をさらけ出す事

自分から自己開示をすると「返報性の原理」が働いて相手も同じレベルの自己開示をしてくれやすくなります。

 

人は自分の事を話せば話すほど相手に親近感を持ったり信頼したりするようになる傾向があるので...

重ための自己開示を誘導してセラピストが誘いに乗れば勝ち...!!!

 

あとはちょっとエロい話もしながらエロいサービスを誘えば意外と簡単にセラピストは応じてくれたりしますd( ̄  ̄)

 

だからメンズエステでセラピストからあまりエロいサービスをしてもらえない人はちょっと勇気を出して重ための話をしてみてください。

 

意外と上手くハマる可能性がありますよ(*´ω`*)

 

 

という事で...!!!

皆さん...!!!

 

良きメンエスライフを♪

-メンズエステ心理/脳科学

© 2024 モリオの大阪メンズエステ体験談 Powered by AFFINGER5